介護療養型の施設を利用する条件

利用条件について

11月
17

介護療養型医療施設で入所者が受けられるサービスといえば、なんといっても医療です。医師による診療、医師や看護職員による医療ケア、機能訓練指導員や生活相談員による回復期リハビリテーションなどがあります。また、介護度によって違いますが、介護保険に基づく介護サービスも受けられます。痰の吸引、経鼻栄養、酸素吸入、胃瘻など医学的なケアは充実しており、重度だが急性期医療は必要ない方が入居対象となります。しかし、掃除や洗濯、買い物、レクレーションなど、デイサービスなどでよく利用される生活支援系のサービスはあまり期待できません。

設備については、居室、浴室・トイレなどの共同設備のほか、機能訓練室や診療室、食堂と共同リビングを兼用する共同生活室などで構成されています。既存の病院に介護療養型として併設されていることも珍しくなく、何かあった場合は一般病棟に移ることが可能になるなど、医療機関としての色彩が濃い施設となります。

入所申し込みは、担当のケアマネジャーに入居を希望する施設への申込書を書いてもらい、施設の窓口に提出する必要があります。それを、施設のスタッフ、医師、行政の介護保険担当者などで構成される審査委員会が、要介護度と本人の状態・環境による介護の必要性や経済的な地上などといったさまざまな事情を総合的に考慮し決定されることになります。

Uncategorized 利用条件について はコメントを受け付けていません。

Comments

Comments are closed.